はじめに

今回は、検索連動型広告についてご説明いたします。

単語の組み合わせから「検索と連動して表示される広告」くらい
イメージできるかと思いますが、詳しく解説していきます。

 

 

検索連動型広告とは何か?

検索連動型広告とは、
GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワード検索をしたあと、
検索結果画面に出てくる広告のことです。

インターネットを使っている人なら
どなたでも一度は検索結果に表示されているはずです。

検索連動型広告の言い回しは多数あり、

  • リスティング広告
  • 検索キーワード連動型広告
  • 検索広告
  • 検索キーワード広告

とも呼ばれています。

 

検索連動型広告の特性1、気軽に始められる

検索連動型広告は、
web広告の中でも気軽に始められる部類の広告です。

気軽に始められる理由は、何といっても予算を選べるところです。

Web広告にはアナログの広告のように、
決められた金額で広告枠を販売しているものもあります。

検索連動型広告の場合、
設定した金額分の広告が表示され限度額に達すると
自動的に広告が表示されなくなります。

予算を事前に決めておくことができるため、
少額から広告を出すことが可能。

個人事業主のような、広告にお金がかけられない立場でも
自分の予算感で気軽に始められるのが検索連動型広告です。

 

 

検索連動型広告の特性2、効果が現れるのが速い

検索連動型広告は、出稿したらすぐに結果が現れるのも良いところ。

開始後、検索されればすぐに広告が表示されます。
(※競合他社が多い場合は別です)

検索ユーザーがページを観覧し、
内容が魅力的だったら即購入・成約に至ることもあります。

ただ、

  • 狙ったキーワードで検索されてないので広告が表示されない
  • 広告が表示されたけどクリックされない
  • クリックされてもアクションに繋がらない

と言ったことも起こりえます。
この場合も、画面上で確認できます。

 

 

検索連動型広告の特性3、すぐに広告の停止が出来る

 

検索連動型広告は、ネット上だけで完結している広告です。
そのため、広告停止することも迅速に行えます。

広告を出している途中で問題を発見した時は
すぐに広告ストップ。

アナログ広告だと、
ポスティングの途中でチラシに間違いを見つけても
「もう配らないで」と言うのはなかなか難しいですが、

ネット広告だと配信停止ボタンを押せば済むだけ。
簡単に止めることが出来るのです。

 

 

検索連動型広告の特性4、効果測定が出来る

検索連動型広告は、すべてデジタルで行われる広告の為、
数値の分析も簡単に行えます。

広告が表示されているか、
表示された広告がクリックされているか、

知りたい情報はすべて数字で出てきます。

ボトルネックとなっている部分を探すときも
数字でわかるので簡単。

ダメなところがわかるので仮説を立てて実行し、
結果を検証するPDCAサイクルを回しやすいのも
検索連動型広告の便利なところです。
ただ、改善を続けていくことで成果は出やすくなるのですが、
改善し続ける手間はかかります。

成果を上げるためにも、数字のチェックと分析を行う体制を
事前に整えておく必要があります。

 

 

検索連動型広告ではユーザーの傾向を把握しきれない!

このように便利な検索連動型広告ですが、
手間がかかる部分も多くあります。

特に、「キーワードの選定」です。

事前に商品サービスと関連のありそうなキーワードを
登録しなければならないのですが、

あなたのような売り手が選ぶキーワードと
実際のユーザーの傾向には
ずれが出てくることもあります。

ずれがあると、
検索結果に表示されてもクリックされないとか、
クリックされても制約に繋がらない・・・
といった残念な結果に繋がってしまいます。
また、ユーザーがどんなキーワードで検索するのか、
完全に掴みきれることは早々ありません。

特に、ロングテールキーワードと呼ばれる、
複数の単語を組み合わせたキーワードを
完全に把握することは不可能でしょう。

しかも、ユーザーは
求めている検索結果に近づくため
3語以上のキーワードで検索することが
多いといわれています。
(3語でキーワードで検索するユーザーが54%)

6カ月以上使われていないキーワードで
検索するユーザーが20%、

これらのユーザーの動向をすべて掌握して
キーワードを選定するなんて、とても無謀なことですよね。
そこで、Googleが提供しているサービスが「動的検索広告(DSA)」です。

 

 

動的検索広告(DSA)とは何か?

動的検索広告とは、
インデックスされているウェブサイトの内容に基づいて
広告が出てくる仕組みです。

あなたが登録していないキーワードでも、
Google側で関連性があると判断された場合には
広告を表示してくれる、というわけです。
ロングテールキーワードと呼ばれる、
3語以上の組み合わせのキーワード
手動でなかなか追いきれません。

この動的検索広告を使えば、
関連性があると判断されたらもれなく
広告が表示されるようになります。

 

ただ、
すべての商品サービスに向いていると言うよりは、

商品の種類が多く、
登録しなければならないキーワードが膨大に
なってしまうようなECサイトにお勧めの機能と言えます。

 

 

検索連動型広告・まとめ

いかがでしょうか?
検索連動型広告についてご理解いただけましたか?

検索広告は、検索するユーザーの気持ちに
ピッタリはまれば即効性のあるとても便利な広告です。

一回数十円~数百円の広告表示で
売上を上げることだった不可能ではありません。

ただ、気をつけたいのは、
ユーザーは比較検討するために観覧している場合もあるということ。

この場合はクリックをして表示はさせるけど
はじめから買おうとしていないのです。

 

全員が購入する意思を持っているわけではありませんが、
少しでも購入に繋がるような意図を持っていきましょう。

比較検討の場で戦うのをやめることです。

ちゃんと自社の良いところを紹介し、購入に繋がるように
広告を上手に使っていきましょう。