リスティング広告のキーワード・はじめに

 

リスティング広告を実際に運用しようと思った時、

まず一番最初にぶち当たる壁が

 

「キーワードは何にしよう・・・?」

 

です。

 

リスティング広告のキーワードはどうやって選んだら良いのでしょうか?

 

今回はリスティング広告のキーワードの選び方についてご説明いたします。

 

 

※リスティング広告について知りたい方は以下記事に
詳しく書かれていますのでご覧ください。

記事:リスティング広告とは?意味と、メリットとデメリットの基礎知識

 

 

リスティング広告のキーワードを選ぶ前に!

 

とりあえずキーワードを選ぼうとしたあなた!

少しお待ちください!

 

リスティング広告のキーワード選びの作業は、
単純そうな作業ですが、

 

実は、

もっとも重要な作業といっても過言ではありません。

 

(ちなみにキーワード選びの次は、運用後のPDCAが大事です)

 

特に、

キーワード選定というよりは

キーワードの方向性の選定です。

 

キーワードの方向性を大間違いすると
結果に繋がらなくなってしまいますし、

 

キーワード選定を間違えている場合、
運用後の検証もずれたまま進むことになります。

 

すると、結果的に
無駄にお金を使うことになってしまうのです。

 

無駄な広告費を使わないためにも
あなたの商品サービスにあったキーワードを選定し
リスティング広告を始めてみましょう。

 

 

 

キーワード選びはターゲット選びに匹敵する

 

キーワードの方向性を大きく間違えると
まったく結果に繋がらないというのは、

 

キーワード選定=ターゲット設定

 

そのものだからです。

 

 

あなたが今考えているキーワードは
ターゲットの気持ちを考えたキーワードですか?

 

「こういうキーワードが世の中的には人気だから」
と、ターゲット不在でキーワードを選ぼうとしていませんか?

 

ターゲット不在のキーワードだと
あなたのお客様は検索しませんし、
広告を見つけることもないでしょう。

 

お客様に見つけてもらいやすくするためにも、
勝手な思い込みは捨てて、
ターゲット設定が明確なキーワードを選びましょう。

 

 

そのためには、
既存客にキーワードを聞くことが手っ取り早いでしょう。

 

  • 実際にあなたの商品サービスを使っているお客様
  • 実際にあなたの商品サービスを使っている身内や友人

 

などに、

 

どういうキーワードが当てはまるのか、
調べるとしたらどういうキーワードで調べるのか、
聞いてみるとわかりやすいですよ。

 

 

 

 

リスティング広告を出す目的を明確にする

 

リスティング広告を出す目的ははっきりしていますか?

 

広告を出すとしても、
目的が明確でないとゴールも見えないため
時間と労力とお金を無駄に使うことになってしまいます。

 

「とりあえず売るため、目的は考えてなかった」の場合は
まず、何を目指しているのかハッキリさせてみてください。

 

「売上を上げる」といっても、

 

  • 新規顧客を増やすためでしょうか?
  • 全体的に成約率を高くするためでしょうか?

 

 

この2つでも、
広告の運用の仕方は違いますし、
キーワードも変わってきます。

 

一体何を目指してリスティング広告を出すのか、
事前に明確にしておきましょう。

 

 

 

 

自社の3Cについて考えておく

 

リスティング広告に限らずですが、
自社の「3C」を理解しておくことは大切です。

 

3Cとは

 

市場(customer)

競合(competitor)

自社(company)

 

の頭文字のことです。

 

それぞれを説明しますと、

 

市場→市場全体や顧客の価値観を分析

競合→競合他社の強み、自社がどのように差別化できるか分析

自社→自社の強みや弱みの分析

 

このように、お客様と競合他社と自社を分析することを3Cと言います。

 

 

リスティング広告の場合だと、

 

≪市場≫

ターゲットはどんな人で、どんな悩みを抱えていて、
どのようなキーワードで検索するのだろう?

 

 

≪競合≫

競合はどの会社だろう?広告は出しているだろうか?
だしているとしたら、どのようなキーワードで広告を出しているのだろう?

※競合他社が強い場合、同じキーワードでぶつかったら
広告代の無駄になるかもしれません。

 

 

≪自社≫

市場と競合を考えたうえで、自社はどのようなキーワードを出すのか?

 

 

 

 

このように3Cを使うことで、
ターゲットの気持ちを明確にしたりキーワードの切り口を変えたり、
冷静に対応することができます。

 

 

 

 

実際にキーワードを選んでみよう

 

ここまでで、
リスティング広告のキーワードを選ぶ前の準備段階が完了しました。

 

それでは、実際にキーワードを選ぶ作業に移っていきましょう。

 

 

 

CVが高いキーワードを見つけよう

 

リスティング広告のキーワードを選ぶうえで外せないのが、
「CV率(コンバージョン率)」です。

 

あなたはウェブサイトを設置しているうえで、
ユーザーに「この行動を取って欲しい!」という期待があると思います。

 

期待とは、
リスティング広告でしたら、
購入してほしい・資料請求してほしい、だから広告を出していますよね。

 

ユーザーが望み通りに購入したり資料請求することを
「コンバージョン」と言います。

 

CV率が高いキーワードというのは、可能性が高いキーワードというわけです。

 

キーワードを選ぶ時は、CV率が高いキーワードを選びましょう。

 

 

 

検索ボリュームが多いキーワードを見つけよう

 

検索ボリュームも重要です。

 

検索ボリュームとは、

「ある期間(月間)における検索回数」です。

 

ただし、

検索ボリュームが低い=広告の表示回数が低い

というわけではありません。

 

検索ボリュームを調べるには、先ほどもご紹介しました
ツールを使うことで調べられます。

 

 

リスティング広告のキーワードを選ぶための便利なツール

 

CV率が高くて検索ボリュームが多いキーワード、

といっても、頭で思いつくものではありません。

過去の前例がないとわからないです。

 

リスティング広告を運用する前に
以下のツールでキーワードを調査しておきましょう。

 

・Googleアドワーズ キーワードプランナー(無料版あり)

【できること】

  • キーワードの検索回数がわかる
  • 検索ボリュームがある程度わかる
  • デバイス別の検索割合でがわかる
  • 競合の少ないキーワードがわかる
  • 業界でよく検索されているキーワードがわかる
  • 実際にどれくらいの広告費が必要かわかる(シミュレーション)

※広告を出稿後は検索ボリュームが明確になります。

 

・キーワードウォッチャー(無料版あり)

【できること】

  • キーワードの検索数がわかる
  • 人気の複合ワードがわかる
  • 無料会員なら月20回検索可能

 

・aramakijake.jp(無料)

【できること】

  • 検索順位別に検索数を調べられる

 

・シミラーウェブ(無料版あり)

【できること】

  • 競合他社のキーワードを調べられる
  • キーワードのユーザー流入具合がわかる

 

 

リスティング広告のキーワード選定・まとめ

 

いかがでしょうか?

リスティング広告のキーワードの選び方がつかめましたか?

 

ご覧いただいたようにキーワードを選定するのは、
ターゲットがあってこそです。

そして、ターゲットが明確になって目標が定まったら、
あとは実際に広告として運用をするのみ!

 

運用後の検証も、キーワード選定と同じくらい大事なポイント。

ピッタリなキーワードを見つけたとしても、
実際に運用してみないことにはわかりません。

運用し始めて、数字が良くなかったとしても
いくらでも手直しできるのがWeb広告の良いところです。

 

どんどん検証して手直しして、広告を育ててみてください!