マーケティングと広告・はじめに

 

「マーケティング」という単語を日ごろから耳にする方も多いと思います。

しかし、実際にマーケティングとは何かと言われるとわかりづらいものがあります。

 

マーケティングってなに?
マーケティングって広告なの?
マーケティング=市場調査?

など、私もときどき周囲から聴かれることがあります。
(不要な外出を「マーケティングの一環です!」と言い張る言い訳も聞いたことがあります(笑))

 

幅広い分野で使われけどイマイチ意味がわからないマーケティング・・・

マーケティングとは何なのでしょうか?
広告や市場調査とは、何がどのように違うのでしょうか?

情報をまとめてみました。

 

 

 

 

「マーケティング」とは何か?

 

 

それでは、
マーケティングとは一体何なのでしょうか?

 

マーケティングとは、

「商品・サービスをより購入しやすくするための活動の総称」

のことを言います。

 

「商品・サービスを購入しやすくするもの」というと、

浮かびやすいものとしては、

チラシだったり、
ネット広告だったり、
店頭でのPOPだったり・・・

 

広告以外に商品・サービスを購入しやすくするものは
浮かびにくいような・・・

ってことは、マーケティング=広告ってことでしょうか?

 

 

 

広告=マーケティングなのか?

 

では、広告=マーケティングなんでしょうか?
広告とマーケティングの違いについて解説します。

 

広告とは

「商品・サービスを広く世の中に知らせ、関心を持たせる情報活動」です。

 

国際的には、広告の条件としては、

  • 管理のできる広告媒体を使っている
  • 人からのメッセージではない
  • 広告主が明記されている

があげられますが、
日本では上記の定義に当てはまらない広告活動もあるため、
一概にはいえません。

 

マーケティングは、
「商品・サービスをより購入しやすくするための活動の総称」

広告は、

「商品・サービスを広く世の中に知らせ、関心を持たせる情報活動」

 

つまり、
マーケティングの一部分に広告が含まれている、

広告=マーケティングだけど、
マーケティング=広告ではない、という感じです。

 

 

マーケティングはどこからどこまでがマーケティング?

 

マーケティングと呼ばれる範囲は、かなり広いといえます。
実際、広告もマーケティングの範囲内。マーケティングの一部分にすぎません。

さらにマーケティングは広告以外にも、
商品・サービスが売れやすくなる仕組み作りも含まれています。

 

そして、

  • 顧客が求める商品・サービスを作ること
  • 顧客が商品・サービスの価値を正しく理解する情報を提供すること
  • 未来の顧客(=見込み客)を開拓すること
  • 見込み客を誘導すること

 

サービス作り~購入までを含めて
「マーケティング」の範囲となっています。

 

冒頭にも書きましたが、
「マーケティングって市場調査のことでしょ?」とも聞かれます。

市場調査も広告と同じ、マーケティングの一部分の手法です。

 

市場調査は、顧客が求める商品・サービスを知ることで
より良い商品・サービスを作ることができるので、
そのために行う手法というわけです。

 

 

 

マーケティングはどんな役割を担っているのか?

 

マーケティングの役割は、
単刀直入ですが、

「あなたの商品・サービス/会社の売上を上げること」

です。

顧客が実際に商品・サービスを購入するまでの活動は、
すべてマーケティングとなります。

 

売上を上げる、というと数字だけのドライな印象ですが、
人にモノを買ってもらうというのは、相手の気持ちを動かすということです。

 

 

  • 顧客が求める商品・サービスを作ること
  • 顧客が商品・サービスの価値を正しく理解する情報を提供すること
  • 未来の顧客(=見込み客)を開拓すること
  • 見込み客を誘導すること

 

これらの活動は全て「売上を上げること」に繋がりますが、

顧客の気持ちを知り、
顧客が求めるものを作り、
顧客に伝わるように情報を届け、
顧客が購入できるように案内する、

ということです。

マーケティングが担っている役割は、
「顧客の気持ちになって考える活動」と言えるのです。

 

 

 

 

 

 

広告は中小企業には関係あるけど、マーケティングは関係ない?

 

 

マーケティングは、一般的に、
お金のある大企業だけが行っている印象を持たれます。

 

実際、大企業はマーケティングの専門部署を作り、
しっかりお金と人と時間をかけてマーケティング活動をしています。

 

中小企業は「お金がないから」「人がいないから」「時間がないから」・・・

大企業のように条件が揃わないので、
売上を上げたい時は広告を出して顧客を獲得、などを思われるかもしれません。

 

しかし、マーケティングは中小企業には不要ではありません。
むしろ中小企業こそ、マーケティングを活用していく必要があります。

 

これからご紹介する考え方は、
大企業のように莫大なお金を使うマーケティングではありません。

 

マーケティングを理解し、広告に活かしていけば
ユーザーから選ばれやすい企業になるのです。

 

 

 

 

あなたの広告はマーケティング的発想で生まれ変わる!

 

例えば、
広告を出したはいいけど反応がない。

そういう時、同じ広告を何度も出すしかないのでしょうか?

 

必ずとは言えませんが、
全く反応がないことが続いた時、
マーケティング的発想が不在が原因かもしれません。

 

 

広告とマーケティングは、深く関係しています。

 

広告は、

「商品・サービスを知らせる情報活動」です。

 

広告だけの段階だと、
意図を持たず情報を発信する状態。

 

意図を持たず情報を発信すると、

 

  • この広告は顧客にどのように届くのか?
  • 顧客が広告を観てどう思うのか?

 

など顧客目線「顧客がどう思うのか」は置いてけぼりとなり、
売り手目線でのアプローチになりがち。

 

つまり、相手の気持ちになっていないため、
相手の心に届かない=売れない広告になってしまいます。

売れない広告では広告を打つ意味がありませんね。

 

 

そこで、売れる広告になるために、
マーケティング的発想「相手の気持ちになること」を
広告に取り入れなければならないのです。

 

マーケティングの考え方の一例にすぎませんが、

  • 安心して購入して頂くには何の情報が必要か?
  • いい商品だと理解されるには何の情報が必要?
  • どうやったら、より購入のハードルを下げられるか?
  • 商品・サービスに詳しくない顧客はスペックを読んで理解できるか?

 

この目線を広告に取り入れるだけで
広告の方向性は変わるはずです。

 

顧客が買い求めやすくなるには何が必要なのかを考えて
広告に反映させることで、売上アップに繋がっていく広告ができることでしょう。

 

 

 

 

マーケティングと広告・まとめ

 

いかがでしょうか?

マーケティングと広告の違いと関係性についてわかりましたか?

 

広告とマーケティングは似て非なるもの。

 

広告だけあってもマーケティング不在では広告の価値を下げてしまいます。

 

広告はマーケティングの一部であり、
マーケティングの思考を広告に取り入れること
広告の精度を高め、より選ばれる企業になっていきますよ。